シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

航空用潤滑油・グリース

商品名 英語名 商品説明 米国規格 英国規格 荷姿
記号の説明
エーロ シェル オイル W100 AeroShell Oil W100 無灰分散型の航空機用ピストンエンジンオイル SAE J-1899
Grade 50
-
  • ・200Lドラム缶
  • ・ペール
    (18.9L缶)
  • ・ケース
    (0.95L*12)
エーロ シェル オイル W15W-50 AeroShell Oil W15W-50 セミ合成油の無灰分散型最高級マルチグレードエンジンオイル SAE J-1899
Grade Multigrade
-
  • ・200Lドラム缶
  • ・ケース
    (0.95L*12)
エーロ シェル タービンオイル 2 AeroShell Turbine Oil 2 2mm2/s 鉱油系航空用タービンオイル MIL-PRF-6081D
Grade 1010
-
  • ・ペール
    (18.9L缶)
エーロ シェル タービンオイル 3 AeroShell Turbine Oil 3 3mm2/s 鉱油系航空用タービンオイル - DEF STAN 91-99
  • ・ペール
    (18.9L缶)
エーロ シェル タービンオイル 308 AeroShell Turbine Oil 308 3mm2/s エステル系基油の航空用タービンオイル(合成潤滑油) MIL-PRF-7808L
Grade 3
-
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
エーロ シェル タービンオイル 390 AeroShell Turbine Oil 390 3mm2/s エステル系基油の航空用タービンオイル(合成潤滑油) - DEF STAN 91-94
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)*2)
エーロ シェル タービンオイル 500 AeroShell Turbine Oil 500 5mm2/s エステル基油の航空用タービンオイル(合成潤滑油) MIL-PRF-23699G
Grade STD
DEF STAN 91-101
Grade OX-27
  • ・200Lドラム缶
  • ・ペール
    (18.9L缶)
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
エーロ シェル タービンオイル 555 AeroShell Turbine Oil 555 5mm2/s エステル基油の航空用タービンオイル(合成潤滑油)
ヘリコプタートランスミッションにも使用
DOD-PRF-85734A DEF STAN 91-100
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
エーロ シェル タービンオイル 560 AeroShell Turbine Oil 560 5mm2/s エステル基油の熱安定性に優れた航空用タービンオイル(合成潤滑油) MIL-PRF-23699G
Grade HTS
DEF STAN 91-101
  • ・200Lドラム缶
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
エーロ シェル タービンオイル 750 AeroShell Turbine Oil 750 7.5mm2/s エステル系基油の航空用タービンオイル(合成潤滑油) - DEF STAN 91-98
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
エーロ シェル フルード 2XN AeroShell Fluid 2XN 保管中のピストンエンジンの内部保護のための潤滑油 MIL-C-6529C
Type I
-
  • ・ペール
    (18.9L缶)
エーロ シェル フルード 3 AeroShell Fluid 3 低温用航空機部品用の潤滑油
使用温度範囲:-54ºC~+121ºC
MIL-PRF-7870D DEF STAN 91-47
  • ・ケース
    (3.8L缶*6)
エーロ シェル フルード 5M-A AeroShell Fluid 5M-A 高荷重を受ける歯車の航空用潤滑油 MIL-PRF-6086F
Medium Grade
DEF STAN 91-112
Grade M
  • ・ペール
    (18.9L缶)*2)
エーロ シェル フルード 12 AeroShell Fluid 12 超低揮発性の航空用合成潤滑油 MIL-PRF-6085D DEF STAN 91-49
  • ・ケース
    (3.8L缶*6)
エーロ シェル フルード31 AeroShell Fluid 31 スーパークリーンタイプの航空用低粘度難燃性油圧作動油(合成潤滑油)
使用温度範囲:-40ºC~+205ºC
MIL-PRF-83282D -
  • ・ペール
    (18.9L缶)
エーロ シェル フルード41 AeroShell Fluid 41 超高清浄度(スーパークリーン)の航空用極低温油圧作動油
使用温度範囲:
-54ºC~+135ºC(加圧システム)
-54ºC~+90ºC(開放システム)
MIL-PRF-5606H
Superclean Grade
DEF STAN 91-48
Grade Superclean
  • ・200Lドラム缶
  • ・ケース
    (0.95L缶*24)
  • ・ケース
    (5L缶*4)
エーロシェル キャリブレー ティング フルード 2 AeroShell Calibrating Fluid 2 航空用タービンエンジンの燃料系統の検査液として使用 MIL-PRF-7024E
Type2
-
  • ・200Lドラム缶
エーロ シェル グリース 6 AeroShell Grease 6 航空用汎用グリース
航空機用ベアリング、ギヤボックスなどに使用
使用温度範囲:-40ºC~+121ºC
MIL-PRF-24139A
MIL-G-7711A
DEF STAN 91-12
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)*2)
エーロ シェル グリース 7 AeroShell Grease 7 マイクロゲル(増ちょう剤)と有機エステル基油をベースとする万能合成グリース
耐荷重性能、耐熱性に優れ、航空機の要求をほとんど満たす
使用温度範囲:-73ºC~+149ºC
MIL-PRF-23827C
Type2
-
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
  • ・ペール
    (17Kg缶)
  • ・ケース
    (400g*30)
エーロ シェル グリース 14 AeroShell Grease 14 ヘリコプター用万能グリース
風力発電機用軸受けにも使用
使用温度範囲:-54ºC~+93ºC
MIL-G-25537C DEF STAN 91-51
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
エーロ シェル グリース 22 AeroShell Grease 22 マイクロゲル(増ちょう剤)と合成炭化水素基油をベースとする次世代万能合成グリース
高速・高荷重、広温度範囲、長期間での使用などの過酷な条件下にて使用可能
使用温度範囲:-65ºC~+204ºC
MIL-PRF-81322G
DOD-G-24508A
DEF STAN 91-52
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
  • ・ペール
    (17Kg缶)
エーロ シェル グリース 33 AeroShell Grease 33 ボーイング規格3-33のために開発された、航空機の要求をほとんど満たす万能合成グリース
使用温度範囲:-73ºC~+121ºC
MIL-PRF-23827C
Type1
BMS 3-33B
DEF STAN 91-53/3
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
  • ・ペール
    (17Kg缶)
エーロ シェル グリース 33MS AeroShell Grease 33MS モリブデン入りの耐荷重性合成グリース
高荷重のかかるしゅう動面やころがり軸受けに使用(ASG33+MoS2)
使用温度範囲:-73ºC~+121ºC
MIL-G-21164D DEF STAN 91-57
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
  • ・ペール
    (17Kg缶)
エーロ シェル グリース 64 AeroShell Grease 64 *エーロシェルグリース33MSの名称変更品です。
モリブデン入りの耐荷重性合成グリース
高荷重のかかるしゅう動面やころがり軸受けに使用(ASG33+MoS2)
使用温度範囲:-73ºC~+121ºC
MIL-G-21164D DEF STAN 91-57
  • ・ケース
    (3Kg缶*4)
  • ・ペール
    (17Kg缶)

*1) 常時在庫は持たない荷姿です。
*2) 常時在庫は持たない商品です。

ご利用者様へのお願い

SDSの提供方法は文書または磁気ディスク(フロッピーディスク)による交付を原則としていますが、あらかじめ相手方の承諾がある場合にはFAX送信、電子メール送信、ホームページによるダウンロード等の手段についても認めることとなっています。

昭和シェル石油SDSページからSDSのダウンロードを行う場合には、上記ご承諾のうえ下のボタンをクリックしてお進みください。
※GHSラベルやリーフレットをご希望の場合も、お手数ですが同様にご承諾ください。
※2017年3月1日にページ構成を変更いたしました。お気に入り(ブックマーク)をご登録頂いている方は、お手数ですが変更をお願いいたします。
※昭和シェル石油SDSページではアクセシビリティの向上を目指し、CSSなどのWeb標準技術を採用してサイトを作成しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境でのご利用でもお客さまのウェブブラウザの設定によってはご利用できない、もしくは正しく表示されない場合があります。

【参考】 SDSとMSDSの違いについて

SDS(安全データシート)、MSDS(製品安全データシート)ともに作成方法についてはJISで決められていますが、従来「MSDS」と呼ばれていたものが、最新JISでは国際整合の観点から「SDS」に呼称変更されています。
呼称以外にも細かい記載内容の変更はございますが、常に最新のSDS(MSDS)を参照することが重要です。昭和シェル石油SDSページでは最新文書を掲載しており、呼称の変更を順次行っています。

参考) http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/msds/msds.html

カタログ・SDSはこちら

※昭和シェル石油SDSページに移動します

更新情報