シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

船舶用潤滑油

商品名 英語名 商品説明 荷姿
記号の説明
シェル アレキシヤ S4 Shell Alexia S4 低硫黄燃料を使用する際の低速舶用ディーゼルエンジン向けシリンダ専用油です。
塩基価 : 60 SAE : 40
  • ・200Lドラム缶
シェル アレキシヤ オイル 50 Shell Alexia Oil 50 硫黄分1.0~3.5%の燃料を使用する際の舶用低速ディーゼルエンジン用シリンダ専用油です。
塩基価 : 70 SAE : 50
  • ・200Lドラム缶
シェル デロマ オイル Shell Diloma Oil 中・大型ディーゼルエンジン用高アルカリ価シリンダ専用油です。
塩基価 : 40 SAE : 40
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ S4 Shell Argina S4 重質燃料を使用するトランクピストンディーゼル機関のクランクケース油。特にSEMT社DC-4タイプ以上の機関に使用されています。塩基価:40
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ S3 Shell Argina S3 重質燃料を使用する中速トランクピストンディーゼル機関のシリンダおよび軸受け潤滑油です。塩基価:30
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ S2 Shell Argina S2 低硫黄燃料やブレンド燃料を使用するトランクピストンディーゼルエンジン油です。塩基価:20
  • ・200Lドラム缶
シェル ガデニヤ S3 Shell Gadinia S3 中速ディーゼルエンジン用として特に開発されたヘビーデューティタイプの高級エンジン油です。塩基価:12
  • ・20Lペール缶
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ X オイル Shell Argina X Oil 廃止予定商品
重質燃料を使用するトランクピストンディーゼル機関のクランクケース油。特にSEMT社DC-4タイプ以上の機関に使用されています。塩基価:40
※代替品はシェル アーギナ S4
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ T オイル Shell Argina T Oil 廃止予定商品
重質燃料を使用する中速トランクピストンディーゼル機関のシリンダおよび軸受け潤滑油です。塩基価:30
※代替品はシェル アーギナ S3
  • ・200Lドラム缶
シェル アーギナ S オイル Shell Argina S Oil 廃止予定商品
低硫黄燃料やブレンド燃料を使用するトランクピストンディーゼルエンジン油です。塩基価:20
※代替品はシェル アーギナ S2
  • ・200Lドラム缶
シェル リムラ FB オイル *Shell Rimula FB Oil A重油を使用し、最も過酷な条件下で運転される(海水冷却機構を持った)中速ディーゼルエンジンに最適なオイルです。塩基価:20
  • ・200Lドラム缶
シェル リムラ オイル Shell RimuIa Oil 過酷な条件下で運転される中速ディーゼルエンジンに適した高級ヘビーデューティタイプのエンジン油です。塩基価:16
  • ・200Lドラム缶
シェル ガデニヤ オイル Shell Gadinia Oil 廃止予定商品
中速ディーゼルエンジン用として特に開発されたヘビーデューティタイプの高級エンジン油です。塩基価:12
※代替品はシェル ガデニヤ S3
  • ・20Lペール缶
  • ・200Lドラム缶
シェル メリナ S オイル Shell Melina S Oil 大型クロスヘッド型機関のシステム油。減速機、スタンチューブなどの軸受けにも使用できます。塩基価:5
  • ・200Lドラム缶

*印商品の国外入手は困難です。

ご利用者様へのお願い

SDSの提供方法は文書または磁気ディスク(フロッピーディスク)による交付を原則としていますが、あらかじめ相手方の承諾がある場合にはFAX送信、電子メール送信、ホームページによるダウンロード等の手段についても認めることとなっています。

昭和シェル石油SDSページからSDSのダウンロードを行う場合には、上記ご承諾のうえ下のボタンをクリックしてお進みください。
※GHSラベルやリーフレットをご希望の場合も、お手数ですが同様にご承諾ください。
※2017年3月1日にページ構成を変更いたしました。お気に入り(ブックマーク)をご登録頂いている方は、お手数ですが変更をお願いいたします。
※昭和シェル石油SDSページではアクセシビリティの向上を目指し、CSSなどのWeb標準技術を採用してサイトを作成しています。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境でのご利用でもお客さまのウェブブラウザの設定によってはご利用できない、もしくは正しく表示されない場合があります。

【参考】 SDSとMSDSの違いについて

SDS(安全データシート)、MSDS(製品安全データシート)ともに作成方法についてはJISで決められていますが、従来「MSDS」と呼ばれていたものが、最新JISでは国際整合の観点から「SDS」に呼称変更されています。
呼称以外にも細かい記載内容の変更はございますが、常に最新のSDS(MSDS)を参照することが重要です。昭和シェル石油SDSページでは最新文書を掲載しており、呼称の変更を順次行っています。

参考) http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/msds/msds.html

カタログ・SDSはこちら

※昭和シェル石油SDSページに移動します

更新情報