シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑技術 - グリース編

新商品グリース シェル ガダス S4 Z100A!

新素材増ちょう剤を活用した シェル ガダス S4 Z100A

この度、41日から新商品「シェル ガダス S4 Z100A」を発売開始いたしました。多くの産業界のお客様からの期待に応え、シェル ルブリカンツ ジャパン技術研究所で独自に開発した圧倒的な耐熱性及び長寿命性、耐フレッチング性能を有するマルチパーパスグリースです。

まず開発コンセプトを簡単に、ご紹介させていただきます。シェル ガダス S4 Z100Aの開発背景として大きく2つのコンセプトがあります。

ガダス発売の背景

1つが将来の供給安定性を見据えた新素材増ちょう剤の活用をしている点、もう1つが多様化する産業界のお客様のニーズに応える性能とコストを両立した技術革新という点になります。

まず、新素材増ちょう剤の活用の背景の部分について簡単に触れさせていただきます。

グリースの生産動向

国内のグリース市場ではリチウム系が約6割程度を占めますが、リチウムはEV向け電池材料として採掘容量を上回る需要拡大の予測もあり、今後考慮すべきリスクとなっております。そういった今後考慮すべき課題を見据え、供給安定性も考慮して、リチウムやウレア増ちょう剤に依存しない新素材カルシウム複合石けんグリースの開発に至ります。

次に、多様化するニーズに応える技術革新の背景の部分について、簡単に触れさせていただきます。

今に起こった話ではありませんが、昨今、各産業界のお客様は海外メーカーとの競争、コロナの影響による働き方改革、生産設備の多様化によりメンテナンス管理(給脂頻度増、複数種類のグリース銘柄管理等)も煩雑化していると考えております。そういった考慮すべき課題を見据え、「安定稼働」や「油種統合」にも貢献できるリチウム・リチウムコンプレックスグリース同等以上、ウレアに匹敵する性能を実現した新素材カルシウム複合石けんグリースの開発に至りました。

今後シェルグループの中でグローバル展開していく予定ですが、日本が世界に先駆けて市場導入してまいります。

本グリースの性能や特徴については、こちらをご覧ください。またもしくはご不明点ございましたら、下記までお問い合わせください。

お問合せ・資料請求|シェルルブリカンツジャパン株式会社 (SLJ)
シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社は昭和シェル石油株式会社の会社分割により潤滑油・グリースの研究開発/製造/販売事業を承継いたしました。