シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑解決事例 - 陸運

オイルを変えるだけで、ギヤ鳴きが改善し年間500万円の修繕費用を削減

市内路線・高速の乗合、および貸切旅客のバス事業を行われている、約240台の車両を保有されるバス会社様です。シェルゲルコパワーギヤをご使用いただいた事例をご紹介いたします

ご使用される前

1カ月に1台シンクロナイザーリングの固着によるギヤ鳴きが発生していた。
1回あたり40万円の修繕費が発生していた。
(年間で500万円)
修理には3-10日を要するため配車繰りにも影響を与えていた。

ご使用後の効果

ギヤ鳴きの発生が無くなった。

年間500万円のミッション修繕費が削減できた。

ギヤ修理が不要となり、配車繰りが改善された。

1. お客様のお困りこと・改善したかったこと

●従来ミッション/デフ兼用のギヤオイルをご使用されていましたが、1ヶ月に1台の頻度でシンクロナイザーリングの固着によるギヤ鳴きが発生していました。
●ギヤ鳴きはドライバー様のストレスとなり、また乗客への配慮からも課題であり、都度修理をされておりましたが、1回あたりの修繕費は40万円で、年間で約500万円の修繕費が発生していました。
●また修理のために車両を3~10日間停車させることで、配車繰りを悪化させていました。

ギヤの写真

2. ご提案内容

長期間に渡ってミッションの良好なシンクロ特性とデフの保護性能を維持できるシェルゲルコパワーギヤのご提案
Shell独自の合成基油と添加剤配合により
●優れた極圧性・耐摩耗性によりディファレンシャルギヤを保護すること
●ギヤ鳴き・ギヤ抜けを防止する良好なシンクロ特性を発揮すること
●優れた酸化安定性により、デフの保護とミッションの良好な操作性を、長期間にわたり発揮すること
●結果、シンクロナイザーリングの固着を防ぎ、ギヤ鳴きを抑制することで、修繕費を削減し、配車繰りを改善

3. ご使用後の効果

以前は1ヶ月に1台発生していたギヤ鳴きがほとんど発生しなくなりました。そのため、ミッションの修理が不要となり、年間500万円の修繕費が削減されました。また修理のための停車が無くなることで、配車繰りが改善されました。
さらにオイル交換の工数・コストを削減するためオイル交換インターバルの可否を確認するため、実車試験を行い使用油分析とともに検証した結果、オイル交換インターバルを従来の半年から一年に延長(車検時の交換)しても安全であることが確認でき、オイル交換のコストと工数も削減することができました。

コスト削減のイメージ


ご不明点ございましたら、下記までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問合せ・資料請求|シェルルブリカンツジャパン株式会社 (SLJ)
シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社は昭和シェル石油株式会社の会社分割により潤滑油・グリースの研究開発/製造/販売事業を承継いたしました。