シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑解決事例 - 陸運

オイルを変えるだけで、DPFの手動再生が大幅に削減(12回/年➡2回/年)

市内路線・高速の乗合、および貸切旅客のバス事業を行われている、約260台の車両を保有されるバス会社様です。
シェルリムラR6LMをご使用いただいた事例をご紹介いたします

ご使用される前

DPFの手動再生回数が年間12回
DPFの自動再生間隔が125.6km

ご使用後の効果

DPFの手動再生回数が年間2回
DPFの自動再生間隔が145.5km(20km延長)

1. お客様のお困りこと・改善したかったこと

●お客様の保有車両では、特に市内路線バスでDPFの目詰まりが多く発生していました。
●DPF目詰まりを軽減させることで、手動再生の減少により燃費を向上させたい、走行中の手動再生ランプ点灯による緊急停車を回避したい、という考えをお持ちでした。

市内路線バスの写真です。

2. ご提案内容

エンジン・補機の卓越した保護性能を有するシェルリムラR6LMのご提案
Shell独自の合成基油と添加剤配合により
●DPF閉塞物(オイル由来のカーボン)の生成を抑制
●極めて少ない蒸発特性により、再生燃焼中のDPFで蒸発したオイルのカーボン化を抑制
●結果、DPFの閉塞物を軽減し、自動・手動再生が減少

3. ご使用後の効果

以前は12回/年発生していたDPF手動再生はオイル変更後は2回/年に大幅に減少しました。また以前は125.6kmであったDPF自動再生間隔はオイル交換後は145.5kmと約20kmの延長が確認されました。(データは車両搭載診断システムより抽出しております)
この手動再生の減少、自動再生間隔の延長から、DPFの閉塞物が以前より大幅に減少していることが確認され、DPF再生のための無駄な軽油消費を削減することができました。

未来の旅客バスの写真です。

 

ご不明点ございましたら、下記までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問合せ・資料請求|シェルルブリカンツジャパン株式会社 (SLJ)
シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社は昭和シェル石油株式会社の会社分割により潤滑油・グリースの研究開発/製造/販売事業を承継いたしました。