シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑技術 - 陸運オイル編

ディーゼルエンジン NOx低減の技術と潤滑油について

クールドEGRを使ったNOx低減の技術と潤滑油の関係①

EGR (Exhaust Gas Recirculation 排ガス再循環)はディーゼル車に限らず、ガソリン車、舶用エンジンにも使われている技術ですが、ここでは現在のディーゼル車に広く使われているクールドEGRについて、またそれに伴う潤滑油への影響についてご説明いたします。
EGRは排出ガスの一部を吸気側に戻して燃焼ピーク温度を下げ、有害物質であるNOxを低減する仕組みですが、PM, SOx, NOxが含まれた排出ガスを再度吸気側に戻すことで、酸化物であるSOx, NOx がオイルと触れ合う機会も増えてしまい、結果としてオイルの塩基価(酸化物を中和しエンジン各部の酸による腐食等を防ぐ能力の指標)の減りも進んでしまいます。オイルが酸化劣化した状態が続くと、劣化油によってエンジン各部の腐食、故障の原因に繋がってしまいます。

排ガスの再循環を説明している図です。

ベアリングの腐食摩耗の写真を入れています

クールドEGRを使ったNOx低減の技術と潤滑油の関係②

またエンジンの燃料室では、シリンダライナーとピストンを潤滑しているエンジン油が掻き上げられ飛沫となって存在しています。多くは燃料と共に燃焼されてしまいますが、一部のエンジンオイルは飛沫のまま排気側へ進んでしまい、配管内壁に付着してしまいます。

 

オイル飛沫を含む排出ガスがEGRクーラーに戻され冷却されることでさらに内面に付着しやすくなってしまい、時間が経過すると徐々に排ガスに含まれるススと共にカーボンスラッジとして堆積してしまいます。ひどい場合にはEGRクーラーの配管が閉塞したり、EGRバルブが固着して、EGRの故障の原因になる可能性があります。

排ガス再循環の流れをご説明している図です。

 

 

EGRクーラ―の詰まりを示している写真です。

 

潤滑油の種類によって

  1. 1)蒸発しにくい(飛沫になりにくい)エンジンオイル
  2. 2)熱によりカーボン生成しやすい粘度指数向上剤(ポリマー)の使用が最小限のエンジンオイル

があるので、このようなリスクを軽減する技術をもった潤滑油をお使いいただくことをお勧めします。

次のページでは尿素SCRについて解説いたします。