シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑解決事例 - 陸運潤滑解決事例

オイルを変えるだけで、DPF再生が大幅削減!交換期間延長!

この記事をお勧めしたい方

・DPFの再生頻度が高く、コストにお困りの方
・DPF洗浄の手間が大きい方
・オイル交換期間が短く、他のオイルをご検討の方
上記のようなお困りごとを解決した事例を紹介します。今回解決したケースはこちら。
ご使用される前
2回/日のDPF再生頻度
DPF載せ替えや洗浄が必要
ご使用後の効果
DPFの手動再生がほとんど無し
DPF載せ替えや洗浄が不要

DPFの洗浄が大変!!

中国地方の採石業を営む需要家様で、年間10万kmを走行する、採石の運搬等に使用のダンプには一般油15W-40を使用されていました。
ストップ&ゴーや悪路、山道走行などのシビアコンディションの影響もあってか、DPF再生の頻度が高く(2回/日)、お困りの状況で、DPFの洗浄も行ってみたそうですが、期間が3日かかる上に、金額が5万円と高く、洗浄の翌日には1回/日のDPFの手動再生が必要になるといった、コストに見合わない結果に満足されていませんでした。

他社油と比較して効果検証!

今回の需要家様はwebinarにご参加いただいた際に、リムラR6LM-Jを採用後の効果検証をご覧になって興味をお持ちいただいたそうで、それに対して潤滑士からリムラR6LM-Jへの切り替えをご提案させていただきました。採用に向けて、他社油と比較し、同じ走行条件のダンプで比較検証を実施する運びとなりました。
40万km走行の途中経過を需要家様に報告させていただき、リムラR6LM-Jには以下のような優位性があることをお伝えさせていただきました。
・40万km走行後もDPFの載せ替え不要
・DPFの手動再生がほとんどなくなった
・5,000kmで交換を実施時点でのオイル状態は良好→交換期間の延長が可能

メンテナンスコスト大幅削減!!

効果検証の結果、リムラR6LM-Jを導入いただきました。導入前は30万km程度で車両トラブルが起きていたそうですが、導入後は40万km走行後もトラブルなく、以下のような効果を確認できました。

・手動再生がほとんど無し。時間と労力の節約。
・DPF載せ替えや洗浄が不要に。メンテナンス費用やダウンタイムを削減。
・オイル交換期間は変わらず5,000kmだが、オイル分析は良好。オイル品質やエンジン性能に問題無し。
・DPF再生削減により軽油消費量も削減。

まずはどんな些細なことでも、お気軽にお問合せからご連絡ください。

あわせて読みたい関連記事

DPF目詰まりの要因と目詰まり軽減のためのエンジンオイル選定
DPFの目詰まりの発生要因や自動再生のメカニズムについてご紹介しています。また、エンジンオイルに含まれる金属分や、日米欧のディーゼルエンジンオイルの品質基準の推移もご説明させていただきます。最後に、PMの発生量とエンジンオイルの関係について記載しております。
オイルを変えるだけで、DPFの手動再生が大幅に削減(4回/3カ月➡0回/3カ月)
運送会社のお客様は、DPF目詰まりとDPFの手動再生の多発の課題を抱えていました。シェルリムラR6LMをご利用することで以前は3カ月で平均4回/台発生していたDPFの手動再生が一切無くなりました。

\ 電話窓口 : 9:00-17:30(平日) /
 0120-064-315
 お問い合わせはコチラ

 セミナーや新製品のお知らせがいち早く届く!
 メルマガの登録はコチラ