シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑解決事例 - 陸運

オイルを変えるだけで、DPFの自動再生間隔が165%に大幅延長

市内路線・高速の乗合バス事業を行われている、約540台の車両を保有されるバス会社様です。
シェルリムラR6LMをご使用いただいた事例をご紹介いたします。

ご使用される前
    • DPF自動再生間隔が166km
ご使用後の効果
  • DPF自動再生間隔が274km(従来の165%)

1. お客様のお困りこと・改善したかったこと

お客様の保有車両では、特に市内路線バスでDPFの目詰まりが多く発生していました。DPF目詰まりにより、DPF再生燃焼に伴う無用な軽油消費(燃費の悪化)、走行中の手動再生ランプ点灯による停車(ダイヤ遅れ)、停車時のDPF再生時の騒音(路線周辺の住民への影響)という問題を抱えておられました。

2. ご提案内容

エンジン・補機の卓越した保護性能を有するシェルリムラR6LMのご提案
Shell独自の合成基油と添加剤配合により
●DPF閉塞物(オイル由来のカーボン)の生成を抑制
●極めて少ない蒸発特性により、再生燃焼中のDPF蒸発したオイルのカーボン化を抑制
●結果、DPFの閉塞物を軽減し、手動再生回数が減少

3. ご使用後の効果

DPFの再生間隔は、以前は新車では130km10km以上走行した車両では40km程度でDPFの手動再生が発生していましたが、オイル交換後は、新車では以前と変化はなく、10万km以上走行した車両では60~70km程度大幅にDPF再生間隔が伸びたことが確認されました。
※データは車両搭載診断システムより抽出この自動再生間隔の延長から、DPFの閉塞物が以前より大幅に減少していることが確認されました。

 

シェルリムラR6LMをご満足しているバス運転手のイメージ図です。

 

ご不明点ございましたら、下記までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問合せ・資料請求|シェルルブリカンツジャパン株式会社 (SLJ)
シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社は昭和シェル石油株式会社の会社分割により潤滑油・グリースの研究開発/製造/販売事業を承継いたしました。