シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑解決事例 - 産業

工作機械の作動油を変更し生産個数10%UP、▲4.2%の省エネも

多軸加工機、旋盤を多数保有し、自動車・航空機向けの複雑な形状部品を製造するお客様の事例です。
省エネ型作動油シェルテラスS3VEをご使用いただいた事例をご紹介いたします。

ご使用される前
  • 冬場は加工速度が6秒/個から8秒/個に悪化
  • 無理に速度を上げると刃が欠けることも
  • さらなるコスト削減のアイテムが必要
ご使用後の効果
  • 生産個数が10%アップ
  • 夏場を超える生産性を実現
  • ▲4.2%の省エネ効果を確認

※お客様に実際に測定あるいは検証いただいた結果ですので、全ての機械・条件で同じ効果が出るとは限りません。

1. お客様のお困りこと・改善したかったこと

冬場に機械を起動させると1動作につき6秒で加工が完了するはずが、8秒ほど時間がかかっていました。効率を上げようと稼働速度を上げたところ、刃の部分に負荷がかかって削れる・欠けるといった問題が生じており、年度末の23月に生産が立て込んだ時に、どのように生産効率を上げるかが大きな課題となっていました。また、さらなるコスト削減アイテムとして省エネの取り組みにも力を入れていました。

切削加工をしている様子です。

2. ご提案内容

省エネ型作動油シェルテラスS3VEのご提案

  • ・高粘度指数(温度によって粘度が変化しにくい)にため、冬場でも機械がスムーズに稼働
  • ・独自の添加剤配合により機械の摩擦を低減させスムーズな動きをサポート
  • ・独自技術により機械内のエネルギーロスを減少させ省エネに貢献

3. ご使用後の効果

オイル交換後に現場でヒアリングを行ったところ、「明らかに動きが速くなった」との声が上がり、データを確認いただいたところ、毎時あたりの生産個数が571個/Hから628個/Hまで向上していた事が分かりました。一個あたりの加工秒数も5.85秒から5.26秒まで短縮され、1日約15時間の稼働で9,000個の生産が可能になりました。 1日に9,000個の生産量は、夏場であっても実現できない数字だったため、生産性向上によって収益に直結する効果になるとのお言葉を頂戴しました。
また、電力測定器を付け、前油と比較したところ積算電力で▲4.2%の省エネ結果が得られ、さらなるコストダウンにも貢献することができました。

 

ご不明点ございましたら、下記までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問合せ・資料請求|シェルルブリカンツジャパン株式会社 (SLJ)
シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社は昭和シェル石油株式会社の会社分割により潤滑油・グリースの研究開発/製造/販売事業を承継いたしました。