シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社

潤滑油グリースコンテンツ

潤滑技術 - 航空オイル編

ピストンエンジンオイルの選定で何が変わる?

ピストンエンジンオイルの選定で何が変わる?をテーマに本記事では、航空機の整備に関わるコストや、ピストンエンジンオイルの選定により貢献できるメリットについていくつかご紹介します。オイルの選定によって、お客様の所有機体の安定稼働や整備コストの削減に貢献できる可能性があります。
潤滑技術 - 産業オイル編

油圧作動油の省エネ – 粘度・粘度指数以外の要素とは?

作動油による省エネの原理を分かりやすく説明しています。「密度」、「粘度指数」、「摩擦」、「粘度」、これらの要素はどのように作用するのでしょうか。
潤滑技術 - 産業オイル編

作動油の油温上昇、原因と対策とは?オイル漏れを低減する技術とは?

油圧ユニットの油温上昇・オイル漏れの原因と対策について技術的に説明しています。
潤滑技術 - 陸運オイル編

冷凍車におけるエンジンオイルの管理方法

冷凍車では普通車両よりもエンジン負荷が高く、エンジンの損傷やエンジンオイルの劣化のリスクが高まります。そのため、冷凍車の安全・安定運行のためには、普通車両以上にエンジンオイルの選定や管理方法に留意する必要があります。本記事では、冷凍車のエンジンの特徴と、オイルの選定や管理方法に関して気を付けるべきポイントを整理してお伝えします。
潤滑技術 - 航空オイル編

低温環境下で使える、潤滑油グリースについて

温度管理技術が向上した現代、機械の稼働する温度環境も多様化しています。それは同時に、超高温から超低温まで、潤滑剤が幅広い温度帯に適応しなければならないということを意味しています。本日は超低温用の潤滑剤として、「ちょっと意外?!」な選択肢をご紹介します。
潤滑技術 - 航空オイル編

航空機用のオイル選定見直しのススメ

その油脂選定は適切ですか?本記事では、航空機のエンジンオイルを例に油脂選定の見直しのメリットをご紹介します。航空機の油脂の変更は敬遠されがちですが、一方で高性能な油脂が次々と市場に登場しており、油脂の変更によってコスト削減が期待できます。
潤滑技術 - グリース編

金属間で赤錆発生?その原因とグリースによる改善策とは?

皆様の工場等で使用される機械設備にて、往復摺動する接触面で赤錆が発生し、機械設備の潤滑性が保たれていない事例は心当たりはありませんでしょうか? これは所謂、フレッチング摩耗発生の可能性があります。フレッチング摩耗とは、接触する二物体間に微小な往復滑りが繰返し作用したときに生じる表面損傷のことで、赤錆が発生することで有名です。
お客様インタビュー

シェル石油大阪発売所 一級潤滑士 西川リーダー インタビュー 後編

今回は、シェルルブリカンツジャパン認定一級潤滑士で、富士運輸様を担当されている西川リーダーにお話しをお伺いしました。誰からも親しまれる笑顔と、お客様に役に立ちたいという熱意がインタビューからも溢れています!是非ご覧ください!
お客様インタビュー

シェル石油大阪発売所 西川リーダー インタビュー 前編

今回は、富士運輸様、セノプロトラック様にシェルリムラR6を販売いただいている シェル石油大阪発売所:西川リーダーにお話しをお伺いしました。潤滑油営業に誇りを持ち、お客様にわかりやすくメリットを説明している西川リーダー。常にお客様にとって何がベストかを考え抜き、磨かれた営業スタイルで結果を出し続ける認定一級潤滑士の魅力あふれるインタビューです!
お客様インタビュー

富士運輸 本社整備工場長 阿部様インタビュー 後編

富士運輸本社整備工場 工場長 阿部様インタビュー 後編 大型トラックの長距離輸送という事業を軸に、全国に拠点を広げ、トラック車両販売も手掛ける運送業界のイノベーター:富士運輸様、セノプロトラック様にお話しをお伺いしました。 1978年の...